新着情報|浄水器・災害用浄水装置・水の自動販売機の製造販売|株式会社merihari(メリハリ)

HOME >> 新着情報

新着情報|株式会社merihari(メリハリ)

2016/04/21  平成28年熊本地震の被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

謹んで震災のお見舞いを申し上げます。
このたびの熊本地震により、被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。

2015/10/01  事務所移転のお知らせ。

この度、事務所を下記住所に移転することとなりました。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社merihari(メリハリ)
〒816-0854
福岡県春日市下白水北2-92
TEL:092-588-0307
FAX:092-588-0313

2015/05/31  平成27年度福岡県・福岡市合同総合防災訓練に参加しました。

5月31日(日)、福岡県警察訓練場跡地にて平成27年度福岡県・福岡市合同総合防災訓練に弊社メリハリも参加しました。

警察、消防、自衛隊、地域住民、約1400人が参加。
地震や津波、、風水害に対応した32種類の訓練が行われました。

平成27年度福岡県・福岡市合同総合防災訓練に参加しました。 平成27年度福岡県・福岡市合同総合防災訓練に参加しました。

2014/10/30  春日市へ緊急用浄水装置(テキパキJr)36台寄贈しました。

防災意識の啓蒙、用品の備蓄による地域の安心な生活環境の創造にお役立て頂ければとの思いで、小型緊急用浄水装置テキパキJr.36台の寄付を申し出ました。

春日市へ緊急用浄水装置(テキパキJr)36台寄贈しました。 春日市へ緊急用浄水装置(テキパキJr)36台寄贈しました。

2014/10/24  大野城市へ小型緊急用浄水装置(テキパキJr)15台寄贈しました。

防災意識の啓蒙、用品の備蓄による地域の安心な生活環境の創造にお役立て頂ければとの思いで、小型緊急用浄水装置テキパキJr.15台の寄付を申し出ました。

大野城市へ小型緊急用浄水装置(テキパキJr)15台寄贈しました。 大野城市へ小型緊急用浄水装置(テキパキJr)15台寄贈しました。

2014/10/05  大野城市どんぽの森公園清掃に参加しました。

福岡県大野城市にある『どんぽの森公園』の清掃に参加しました。

大野城市どんぽの森公園清掃 大野城市どんぽの森公園清掃

2014/09/07  福岡県消防学校で行われた消防操法大会に参加しました。

福岡県宗像市の福岡県消防学校で消防操法大会が行われ、サンピア福岡の防災イベントに我々メリハリも参加いたしました。

福岡県消防学校で消防操法大会 福岡県消防学校で消防操法大会 福岡県消防学校で消防操法大会

2014/07/06  大野城市どんぽの森公園清掃に参加しました。

福岡県大野城市にある『どんぽの森公園』の清掃に参加しました。

大野城市どんぽの森公園清掃 大野城市どんぽの森公園清掃

2014/06/01  平成26年度福岡県総合防災訓練に参加しました。

平成26年度福岡県総合防災訓練が開催され、弊社メリハリも参加致しました。
会  場 : 苅田町苅田南港 他3ヶ所

参加機関 : 消防、警察、自衛隊、医療機関等の防災関係機関約140機関
参加人員 : 約1,200名
参加車両 : 車両:約130台
       航空機:10機(ヘリ7機、航空機3機)
       船舶:7隻(掃海艇、巡視艇、救助船)
訓練種目数 : 風水害対応訓練:10種目
        地震・津波災害対応訓練:24種目

メリハリのブースでは、【緊急時に飲料水を確保】をテーマに、4台の緊急用浄水装置と殺菌対策として、オゾン水生成器を稼働しました。

小川福岡県知事テキパキ1号を手押しポンプ体験されました。

平成26年度福岡県総合防災訓練 平成26年度福岡県総合防災訓練 平成26年度福岡県総合防災訓練

2014/05/22  福岡県庁『災害に備える展示会』に出展しました。

福岡県庁『災害に備える展示会』に出展しました。。

福岡県庁『災害に備える展示会』

2014/02/20  福岡ベンチャーマーケットビッグマーケット2014に出展しました。

福岡ベンチャーマーケットビッグマーケット2014に出展しました。

福岡ベンチャーマーケットビッグマーケット2014

2013/11/25  沖縄ベンチャーマーケット「万国津梁異業種交流会」に参加しました。

沖縄ベンチャーマーケット「万国津梁異業種交流会」に参加しました。

沖縄ベンチャーマーケット「万国津梁異業種交流会」

2013/11/19  筑紫地区商工会ビジネスマッチングフェアに参加しました。

筑紫地区商工会ビジネスマッチングフェアに参加しました。

筑紫地区商工会ビジネスマッチングフェア

2013/11/10  平成25年度 大分県北部地区総合防災訓練に参加しました。

大分県中津市で行われた防災訓練に参加しました。
弊社メリハリは、本耶馬溪会場にて、緊急用浄水装置の実演訓練をしました。

この訓練は大規模災害(南海トラフ地震)における災害対策の実効性を高めることを主眼として、自治体と防災関係機関との連携の強化及び地域住民の防災意識・技術の向上を図る事を目的とした訓練です。

平成25年度 大分県北部地区総合防災訓練
平成25年度 大分県北部地区総合防災訓練

2013/09/11  KBC九州朝日放送「アサデス」にて紹介されました。

KBC九州朝日放送「アサデス」にて紹介されました。

2013/08/29  NHK日本放送協会「九州沖縄ニュース」にて紹介されました。

NHK日本放送協会「九州沖縄ニュース」にて紹介されました。

NHK日本放送協会「九州沖縄ニュース」にて紹介されました。

2013/07/17  TNCテレビ西日本「ももち浜ストア」にて紹介されました。

TNCテレビ西日本「ももち浜ストア」にて紹介されました。

2013/06/02  「平成25年度福岡県総合防災訓練」に参加しました。

平成25年度福岡県総合防災訓練に参加しました。
大牟田市新港町にて東日本大震災や平成24年7月梅雨前線豪雨災害を踏まえ、訓練が行われました。

「平成25年度福岡県総合防災訓練」に参加しました
「平成25年度福岡県総合防災訓練」に参加しました
「平成25年度福岡県総合防災訓練」に参加しました

2013/05/14  「平成25年度福岡市市民総合防災訓練」に参加しました。

福岡市東区の九州産業大学にて25種目の訓練が行われました。
弊社メリハリのブースでは緊急時用浄水装置の実演をしました。

「平成25年度福岡市市民総合防災訓練」に参加しました

2013/03/19  春日市の防災用井戸にテキパキ1号&ポンプユニット導入。

福岡県春日市下白水の防災用井戸にテキパキ1号及び春日市オリジナル・テキパキポンプユニット導入致しました。

2013/02/21  『アジアビッグマーケット』に出展しました。

2013年2月21~22日に、福岡国際センターでアジアビックマーケットが開催され、メリハリも出展致しました。
また、プレゼンテーション会場において小型緊急用浄水装置についてのビジネスプランの発表も行わさせて頂きました。

『アジアビッグマーケット』に出展しました。

2013/01/20  『防災とボランティアの日イベント』に参加しました。

福岡市民防災センターで行われた『防災とボランティアの日イベント』に参加しました。
防災とボランティアの日イベント とは?
1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災に因んで制定された記念日です。この震災では、全国から大勢のボランティアの方が被災地に駆けつけ、懸命に活動されました。そんなボランティア団体にスポットを当て、活動の輪を広げていこう!というイベントです。

『防災とボランティアの日イベント』に参加しました。

2012/12/18  TNCテレビ西日本「スーパーニュース」にて紹介されました。

TNCテレビ西日本「スーパーニュース」にて紹介されました。

2012/11/18  『維新の門』清掃ボランティアを行いました。

10月18日・19日 今年で三回目となる『維新の門』清掃ボランティアを行いました。

『維新の門』清掃ボランティアを行いました。

2012/10/27  山口県下松市にて防災フェスタが開催されました。

10月27日(土)山口県下松市にて防災フェスタが開催されました。
株式会社カワナミさんの展示ブースに社員総出で応援態勢に入りました

山口県下松市にて防災フェスタが開催されました

2012/09/27  KBC九州朝日放送「ドォーモ」にて紹介されました。

KBC九州朝日放送「ドォーモ」にて紹介されました。

2012/08/04  長崎県五島市奈留島にて「緊急断水を想定し、海水から飲料水を確保する」をテーマにデモ実施しました。

長崎新聞に掲載

長崎県五島市奈留島にて、「緊急断水を想定し、海水から飲料水を確保する」をテーマにデモ実施しました。
緊急災害用浄水装置を稼動し、住民約20人の方々に見学、試飲していただきました。
奈留島は二次離島です。災害発生時に救援物資などが早急には届かない恐れがあります。災害への備えの大切さを知ってもらいました。
開発元アクアデザインシステム㈱の社長の参加もあり、島民の皆さんとのダイレクトな質疑応答で大変有意義な一日となりました。

2012/06/10  平成24年度春日市総合防災訓練に参加しました。

2012年6月10日(日)、春日中学校(春日市須玖南)にて春日市総合防災訓練が行われ、弊社も参加しました。
消防や行政、自衛隊などからおよそ300人が参加。
震度6強の地震が発生したという想定で訓練が行われ、参加者は日ごろからの備えの大切さを学びました。

2012/06/03  平成24年度福岡県総合防災訓練に参加しました。

福岡県糸島市志摩船越の船越漁港にて平成24年度福岡県総合防災訓練が行なわれ、弊社も参加致しました。
県、地元自治体及び消防本部、消防団、警察、自衛隊、医療機関、ボランティア団体等、120の防災関係機関が、災害時の連携の強化及び防災技術の向上並びに県民の防災意識の高揚を図ることを目的に39種目の訓練を行いました。
車両約140台、航空機11機、ホバークラフト艇を含む船舶5隻、人員約1400名が参加。今回の訓練の特徴は先般の東日本大震災を踏まえ、玄海原子力発電所の万々が一の事故を想定した広域避難訓練、地震による大規模な土砂災害を想定した避難・搬送訓練を新たに実施しています。
弊社は防災訓練会場で次の3点を展示・実演しました

水質試験の結果

2012/05/01  多摩ニュータウンサービス様 オリジナル緊急時対応逆浸透膜浄水装置を導入

株式会社 多摩ニュータウンサービス様
オリジナル緊急時対応型逆浸透膜浄水装置を2012年5月1日導入
東京都多摩市の多摩ニュータウンサービスさんは、多摩ニュータウンと共に歩んで40年。
創業以来、台風、雪害等の災害の際は、生活道路の確保など多摩ニュータウンでの生活をお手伝いしながら歩んできた歴史と共に、この街に特別な思いがあり、地元企業としてこの街にどのような貢献が出来るか、何をすべきかを的確に捉え、ニュータウンライフのトータルアシスタントとして少しでも皆様のお役に立つようにと日々取り組んでいらっしゃいます。
また、万が一、火災、震災、事故等が発生した場合に被害の軽減を図ることを目的とした防災協定を行政と結ばれています。
この度、自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合に備え、企業継続計画の一環として、また利益を社会に還元しニュータウン区域に社会貢献する為にも緊急用浄水装置を導入されました。

2011年10月下旬
  ㈱多摩ニュータウンサービスの総務責任者様より1通のメールが届きました。
社内で災害時に使用できる浄水器を探している。施設の地下に雨水を貯水しており、その水を緊急時に利用して飲料水や生活水にしたい。 資料及び価格が知りたい。といった内容でした。

2011年11月上旬
㈱多摩ニュータウンサービス様を訪問
11月下旬に福島県飯舘村に緊急時対応浄水装置「テキパキ1号」を持って行きますので、その足で多摩市の御社にお伺いし、作動しているところを見て頂いた上でご検討して頂ければとの思いから、デモのご提案をしました。

2011年12月上旬
緊急時対応浄水装置「テキパキ1号」のデモンストレーション。
千田社長はもとより社員の方に、凄く気に入って頂いた様子でした。
千田社長に、「発注頂いた際には、オリジナル製造します」と申し出ましたら「今のままでもいいんだけどなー」と、仰いながらもたくさんのリクエストが飛び出してきました。
①とにかく頑丈にして欲しい!倉庫に保管している時、上から物が落ちてきても、横から物がぶつかってきても大丈夫なように、ステンレスフレームをもっと強くし、フレーム全体にステンレスカバーを付けて欲しい!
②初めて使う人にも、使用方法を知らない人にも、誰にでも簡単に作動できるようにして欲しい!
③女性にも手軽に移動が出来るように、コンパクトでタイヤは大きくして欲しい!
④今以上、安全で安心できる水を造るためにフィルターを増やして欲しい!
⑤しかし、費用は現状のままで!
テキパキ1号をベースに多摩ニュータウンサービス様向け、オリジナル緊急時対応浄水装置を製作しよう!「テキパキたまちゃん」だ!と鼻息が荒くなる私でした。
ちなみにこの名前、千田社長はお気に召さず・・・。

2012年3月
感動の発注書を頂きました。
「首都直下型地震が心配だから早く~!遅くても4月中には納品希望!」
図面を引き直しての報告を経て、製造の許可を頂きました。
さあスタートと思いきや、原価表を見てビックリ!全て原価アップ!
ステンレスのフレーム、ステンレスのカバー、ステンレスのフィルターハウジング、6種類のフィルター、その他もろもろ・・・
さぁーどうする後には引けない、造るしかない、いえ喜んで造らせてください!

2012年4月
オリジナルのステンレスのフレーム、カバー、フィルターハウジング、と少しずつ出来上がってきました。
全ての部品を組み立て配管し、また分解し、また組み立てて、また分解し、とにかく使用する人が簡単に移動でき簡単に作動できるようにと、製造担当者は毎晩遅くまで格闘しました。
納品日も決まり、試運転も終盤に差し掛かった頃、突然、製造担当者が、「方向転換しやすいように、取っ手の下にステンレスのステップを付けましょう!」と言うのです。
時間が~!原価が~!と思いながらも製造担当者の熱き思いに打たれて追加、遂に完成です。

2012年4月30日 午前10時
テキパキたまちゃんを車に乗せていざ出発です!
翌5月1日午前1時30分、ホテルに到着しました。(福岡から15時間半です)

2012年5月1日 午前9時30分
納品及び作動しての取扱説明。
千田社長と総務責任者様に使用してもらい喜んで頂きました。
「これだと頑丈だね」「簡単ね」「コンパクトにまとめたね」「女性でも楽に運べるね」「このステップがいいね!方向転換が楽!」のお声に製造担当者も慢心の笑顔でした。
また、当初は倉庫に保管するご予定でしたが、自信をもって来客者に見て頂こうと玄関に置いて下さいました。その上、「関東でデモする事があれば、うちでデモしていいよ」とのお言葉に、感激と感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。


最後になりましたが、数ある緊急用浄水器メーカーがある中、私共のホームページをご覧頂き、ご縁がございました事に心より感謝いたします。
昨年11月上旬初めて訪問した際に、なぜ東京から遠く離れた福岡の私共に災害用浄水装置のお問い合わせを頂いたのかをお訊ねしましたら、次のようなお言葉が返ってきました。
県や地元の防災訓練に参加している様子や、福島での放射性物質除去実験も自身で行っている事からも、真面目に取り組んでいる姿勢が窺えたと。ありがたいお言葉です。
弊社の緊急災害用浄水装置テキパキ1号は、福岡県経営革新計画を取得しています。その申請の際に投げかけられた言葉が「災害は来ないよ!」「これは売れんよ!」衝撃的な言葉でした。その2ヶ月後に東日本大震災が起きました。 ラジオパーソナリティの小島慶子さんは、東日本大震災にふれた記事で次のように述べられています。【津波の前、岩手県大船渡市の海沿いの小学校に、高台に避難するための非難通路を作った市議がいました。市議は3年以上前から繰り返し、「津波が来たらすぐに高台に逃げられるように、校舎の2階とすぐ横の崖に出る道路をつなぐ橋をかけてほしい」と訴え、非常用通路ができたのは震災の3ヶ月前でした。今回の大津波でその通路を伝って逃げた71人の児童は全員助かりました。繰り返し津波被害に遭ってきた地域とはいえ、400万円もの予算をかけて万が一のための通路を作るには粘り強い説得が必要だったでしょう。用心深さは勇気です。少しでも命に関わるリスクを減らしておきたいと考えるのは当然のことだと思います。その代わり、考えすぎだと揶揄されるリスクを引き受けるのです。企業や国のトップには、このような勇気を持つ人が必要だということを今ほど痛感することはありません。】(VERY6月号より抜粋)
千田社長は、まさに勇気をお持ちの方だと思います。創業以来、台風、雪害等の災害の際は、生活道路の確保など多摩ニュータウンでの生活をお手伝いしながら歩んできた歴史の上に、万が一のための対策をとり、地域のみなさんと共に助かろうという強い意思を感じました。

2011/11/02  平成23年度春日市総合防災訓練における水質検査の結果

平成23年9月4日(日)
春日市総合防災訓練に弊社が参加した際に浄水装置の実演を致しました。
その際の水質検査の結果が出ましたのでご報告いたします。

プールの原水

テキパキ1号の浄水結果

テキパキ2号の浄水結果

テキパキポセイドンの浄水結果

2011/09/04  平成23年度 春日市総合防災訓練に参加しました。

平成23年9月4日(日)
春日市総合防災訓練が行なわれました。
弊社も参加させていただきました。

【プールの水から飲料水を確保!】を、テーマに、以下の5点を展示実演致しました。

①災害用浄水装置テキパキ1号

②同じくテキパキ2号

③小型海水淡水化装置テキパキ ポセイドン!

④家庭用災害時対応浄水器 701-A

⑤オゾン水生成器 Lくりん

2011/07/08  カンボジア・コッコン州ヴィル村 ヴィル小学校に井戸を寄贈。

場所は、首都プノンペンから車で3時間ほど。
子供たちが笑顔で迎えてくれました。

2011/06/21  久留米南部商工会会員の皆様が【テキパキ1号】の視察にみえられました。

久留米南部商工会会員の皆さんが福岡県経営革新計画を取得している【テキパキ1号】の視察にみえました。

スタンバイする【テキパキ1号】達と取水ポンプと排水ポンプ

墨汁を入れる

TDSメーターの数値は【165】

取水ポンプで汲み上げられた墨汁水が、ホースを通過し浄水装置へ

【テキパキ1号】の浄水装置を通過したお水が出てきました。TDSメーターの数値は【0】純水です。

試飲の様子

【テキパキ1号】は、緊急災害時(地震・津波・火災・非難時)などの断水・停電時でも 最大2リットル/分 飲用水を河川水、井戸水、プールなどから直接取水して、 日本水道水質基準に適した飲用水を造水する事が可能です。
「テキパキ1号」の最終浄水にはスペースシャトルや海水淡水化などに幅広く採用されている 逆浸透膜メンブレンを採用してます。
この高性能フィルターで水中の不純物全てを99%以上除去しますので、 生成された水はほぼ純水に近い水が出来ます

2011/06/17  福岡県総合防災訓練会場で展示・実演致しました。

去る6月5日(日) 平成23年度 福岡県総合防災訓練会場(芦屋港)で
次の3点を展示・実演しました。

①オゾン水生成器(今回は、海水からオゾン水を生成しました)

②オゾンガス除染テントシステム(このテントの立ち上がりは90秒!と早い!)

③小型海水浄水装置(海水から、飲料水を確保!)

主催は福岡県、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町となっており、芦屋港で約150機関(約1,300名)が参加しました。
風水害・地震災害・特殊災害を想定して訓練が行われました。

サイトリニューアルしました。

サイトリニューアルしました。今後ともよろしくお願い申し上げます。

新燃岳噴火・避難所「ほほえみ館」を訪問しました。

新燃岳噴火・避難所「ほほえみ館」を訪問しました。

2月4日(金)、宮崎県高原町「ほほえみ館」の係長へ電話にてオゾン発生装置(※)を無償にて貸し出しの意向を伝え、資料を送付したところ、2月5日(土)に貸し出し受け入れの電話が入りました。
早速2月6日(日)社員4名で現地に向かい、オゾン発生装置3台を設置。
町長、役所の方々、被災者の方にとても喜んでいただきました。
被災者の方々に「それは、なんですか?」と尋ねられ、説明すると「昨夜は、大広間に寝ている皆が咳が出て眠れなかったので、ありがたいです」と喜んでいただき、とても嬉しかったです。

プレス福岡 プレスリリースの記事へ

高知県梼原町(ゆすはらちょう)へ光触媒を寄贈

高知県梼原町(ゆすはらちょう)へ光触媒を寄贈高知県梼原町(ゆすはらちょう)の「維新の門」に立つ坂本竜馬など幕末の志士8人の銅像を磨き上げる催しがこのほどあり、福岡、佐賀、高知県の3企業・7人が奉仕した。

竜馬の誕生日で命日でもある15日を前に汚れを落として観光客を迎えようと、災害に備えた浄水装置を手掛ける福岡県春日市のメリハリや佐賀県武雄市の塗装業鯤コーポレーションなどの竜馬好きの企業スタッフが企画した。

高さ約4メートルの台座と像を水洗いし、光触媒塗料を吹き付けた。光触媒は建物外壁などに使われ、太陽の光が当たると有害物質を分解し、汚れを落ちやすくするという。

丁寧に洗われた像は、鳥のふんや油汚れも落ちて、着物の細かい模様までくっきりと浮かび上がった。メリハリ代表取締役の谷村誠さん(43)は「さっぱりして、りりしくなりましたね」と話してくれた。

西日本新聞「ふるさと 人・話題」へ掲載されました。

西日本新聞「ふるさと 人・話題」へ掲載されました。

【記事内容】
 ボランティアで高知県にある坂本竜馬らの銅像を磨いた谷村誠さん(43)春日市で災害用浄水装置の開発を手掛けています。4,5日に高知県梼原町(ゆすはらちょう)を訪れ、竜馬ら8体の銅像が並ぶ「維新の門」の清掃ボランティアを行いました。竜馬の命日である15日を前に、きれいに磨いて多くの観光客を迎えようと、竜馬好きの友人7人で企画しました。
水洗いのあと、特殊なコーティング素材を使って像の手入れをしました。高さ4メートルもある像を磨くのは一苦労でしたが、鳥のフンもきれいにふき取り、表情はりりしさを増したようにも見えます。観光で訪れるときはぜひ足を運んでください。

カンボジア学校へ「テキパキ1号」を寄贈

カンボジア学校へ「テキパキ1号」を寄贈

平成22年9月6日にカンボジアのコンポンスプー州(プノンペンから車で約1時間半程度)のCANTANAL中高校に弊社の開発商品である「テキパキ1号」を盛大なセレモニーに迎えられ寄贈を無事に終了してきました。
2日の夜中に上海経由でプノンペンへ到着し、3・4・5日と汗だくで作業し完成しました。立派な台も作って、最後には「その台がいいねぇ~」っと言う声も(汗)学生たちも喜び、また歓迎セレモニーには州の副知事まで出席して頂き立派な式典でした。
今回は株式会社メリハリの設立1年目の記念と言うことでカンボジアの学校に寄贈をしました。今後もこのような貢献事業が出来るように日々邁進するのみです。

カンボジア学校へ「光触媒」を寄贈

カンボジア学校へ「光触媒」を寄贈

佐賀県武雄市にあります、株式会社鯤コーポレーション様から光触媒サガンコートをご提供して頂き、「テキパキ1号」の寄贈の際に合わせて教室1棟(5教室)の室内及び外壁を塗装してきました。
サガンコートとは、光のエネルギーを利用して有害物質を分解し、大気浄化、水質浄化、消臭、抗菌、汚れ防止などの効果が得られるもので、カンボジアの人たちに大変喜ばれました。
作業は教室内の掃除から始まったのですが、溜まったほこりが凄く掃除だけで1日以上は掛かりましたが、歓迎セレモニーまでには終了して光触媒の効果を実感してもらいました。

カンボジア現地新聞へ掲載

カンボジア現地新聞へ掲載

カンボジア国内のRASMEI KAMPUCHEA DAILY NEWSPAPERに「テキパキ1号」と「光触媒」の記事が掲載されました。

カンボジア現地新聞へ掲載

カンボジア現地新聞へ掲載

【日本企業数社がブンラニ・フンセン チャンテゥナル高校に浄水器付の井戸をプレゼントした】

《翻訳文章》
 2010年9月6日にコンポンスプゥ州 ウドン郡 クランチェックコミューン オムピルプエム村にあるブンラニ・フンセン チャンテゥナル高校は、日本の会社(カンボジア及び日本にある会社)からプレゼントを頂いた。
 贈呈式には、同州のベンソムボー副知事をはじめ、日本の会社代表の皆様、村長、先生方と学生たちの参加で行われた。

 トンキムセン校長先生によると、頂いたプレゼントは1万ドル相当の浄水器付きの井戸1台、ノート400冊、ボールペン300本、鉛筆100本、サッカーボール及びバレーボール13個。その他、光触媒塗装もして頂き、赤十字にも寄付をして頂いた。

 校長先生によると、このプレゼント等は、ケーサラット氏の呼びかけて生まれたものである。ケーサラット氏はこの高校の出身者で、優秀な学生だった。
 校長先生は、1747人(女:765人)の生徒と先生を代表して、大切なプレゼントをして頂いた日本の企業の皆様に心から感謝すると述べた。

 副知事は、このプレゼントが学生たちや先生だけでなく、周辺の住民にとっても大いに役立つと思う。特に浄水器付き井戸だと述べた。

 日本の福岡県にある株式会社merihari社の谷村代表は、この学校が必要とするものなのでプレゼントしたと述べ、これからも支援をしていきたいと約束した。merihari社は浄水器を製造販売する会社である。
 学生たちは、大切なプレゼントをして頂き、とっても嬉しく、これからも大事にしていきたいと話し、支援して頂いた皆様に心から感謝すると述べた。そして、カンボジアに役立てるように勉学に励みたいと述べた。

ページトップへ戻る